FC2ブログ

ざんねん!! わたしの ぼうけんは これで おわってしまった!!

物凄い勢いで放置される。

懐古厨と呼ばれようとも

今更過ぎますが、「サガ・フロンティア」を再びプレイ中でありんす。
このゲーム、恐らく僕が今までやってきたゲームの中でもっともプレイ時間最多
且つ、クリア数最多なゲームです。
ほとんど、信者と呼んでも過言では無かろう。ちゃんと開発部にも行ったしな!
「何でそんなに好きなのさ?」と聞かれると、色々理由はあります。

1.キャラクター成長が早く、育成にイライラが少ない。
2.音楽が良い。
3.ストーリーが良い。


まぁ、1は僕が「レベル上げ」と呼ばれる行為に対して拒絶反応を示しやすい体質である
が故の理由ではありますが、このサガフロは、他のサガシリーズとは異なって、レベル上げ
に適した場所があり、そこで戦闘をこなしまくれば3時間程度でラスボスと戦っても平気な
ステータスが手に入るのです。
まぁ、3時間も同じ場所に居るのは、これまた拒絶反応を起こす僕なんですが、実際は、
1つイベントこなしては30分ほどステ上げして、またイベントへ……と言う風にプレイ
しているので、引きこもっているワケではありません。
後、サガお約束の「閃きシステム」や、「連携」が初めて要素として加わったのも
このサガフロが最初です。
あのランダムで発生する連携に、時に狂喜乱舞し、また酷くイライラしたりもするので
とてもスリリングな戦闘が楽しめます。

理由その2は、まぁ言わずと知れたサガシリーズの音楽を担当している伊藤賢治氏の
素晴らしいサウンドの数々です。
特に、各キャラのラスボス音楽は素晴らしいものがあります。
各々のキャラクターのラストバトルの場面に合わせたサウンドが場面を盛り上げます。
どうでも良いような場所で流れる音楽がやたらカッコ良く、フィールドやダンジョン
でコントローラーを投げて音楽に耳を傾けるなどと言う行動を取ったのは、このサガフロが
初めてであり、唯一でもあります。
まぁ、イトケンのサウンドはサガシリーズ通して全般的に素晴らしい物があるので、
サガフロだけが凄いと言うワケではありませんが、このサガフロは優秀作に溢れている
と言えるでしょう。

理由3は、結構反感を買う事が多いです。まぁ、好みなのでしょうが。
実際、このサガフロは「未完成」のまま発売されたゲームです。
なので、シナリオには穴が多くそれが目立ちがちですが、中身は中々骨のあるシナリオが用意
されていた事が伺えます。
特に「ブルー編」「エミリア編」「アセルス編」はかなり壮絶なストーリーであり、今市場に
溢れている多くのRPGのような明るさとは無縁の代物です。
(以下、ネタバレなので注意)
「ブルー編」で特筆すべきなのは、やはり「双子の片割れとの決闘」を宿命付けられている事
でしょう。そして、その事に対して彼が疑いを持っていない事も。
そこには、彼が生まれながらにして、双子と引き離され、洗脳的にルージュを敵と思い込む様に
教育されていた事が伺いしれます。
また、彼が決闘に勝ち(あるいは負け)、一人に統合された後にも苦しみの場面があります。
彼は、作為的に分割された擬似双子ではないため、統合後に「自己分裂症」の様な状態にあります。
例えば、口調が統一されていなかったり、一人称が「僕」になったり「俺」になったり。
地獄の君を倒した後、物語は突如終わりを遂げますが、彼はあの後どうなったのでしょうか。
仮に生きて地獄から戻ったとして、彼は平穏に暮らせるのでしょうか。
「物語が唐突に終わって食い足りない」と言う人が多いですが、あの続きをやろう物ならば、
もっと悲惨な結末をただ目の当たりにするだけだと思います。

「エミリア編」もかなりハードな内容であり、特にラスボスが死んだはずの恋人と言うのは、
まぁ、在り来りっちゃあ在り来りですが、中々ハードです。
特に、彼女は彼が死んだ(と言う工作)お陰で、無実の罪を着せられ牢獄に捕らわれるワケ
ですし、更に、彼女の旅の目的は「彼を殺した真犯人を探す事」なのですから、何ともはや。

「アセルス編」は、多くの人がプレイしているので、特筆すべき項目も見当たりはしないのですが、
オルロワージュと言う上級妖魔が戯れに血を与えたが為に、人格までもが変化してしまう少女の話
と言うのはいささかぶっ飛んでいる感があります。
実際、アセルスは女性と話す時は「男口調」であり、男性と話す時は「男性口調」になると言う
二面性を内包しており、その変化が彼女の不安定さを煽る効果を持っています。
人間でもない、妖魔でもない、男でもない、女でもない、と言うどこまでも半端な存在が彼女です。
また、彼女の中の「魅惑の君」の血が彼女の意思とは無条件に女性たちを惹きつけていく描写もあり
百合属性の無い僕からすれば、よう分かりませんが、その手のが好きな方にはたまらんのでは?
オススメは半妖エンドです。アセルスのテーマと沿った内容であり、見ていてスッキリします。

とまぁ、長々書きましたが以上です。やった事無い人は是非。
サントラだけでも、中々聞き応えのある一品ですよ。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/16(土) 02:10:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<テンション上がる月末 | ホーム | ワーオワーオ!>>

コメント

ミクシィクエスト

迷宮のようなミクシィの中を快適に探検する為の必須アイテム mixiQuest / ミクシィクエスト:
http://infomiracle.net/MixiQuest/
  1. 2007/06/16(土) 02:19:28 |
  2. URL |
  3. インフォミラクル #-
  4. [ 編集]

初めましてでぶしつけですが

閃きシステムは、SFCのロマサガ2が最初ですぞー!
  1. 2007/06/22(金) 22:11:08 |
  2. URL |
  3. 普段はROMの人 #wLMIWoss
  4. [ 編集]

おお、文章の書き方が悪かったですな。
『サガお約束の「閃きシステム」』で文章が切れるワケです。
まぁ、一つの文章で書いてしまっているので、文章が繋がる
ように見えてしまいますね、反省。
  1. 2007/06/23(土) 15:42:46 |
  2. URL |
  3. らて #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zannen.blog14.fc2.com/tb.php/174-69a8ef41

(ジョン万次郎改め)ラティヴ

07 | 2019/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search