ざんねん!! わたしの ぼうけんは これで おわってしまった!!

物凄い勢いで放置される。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイラブ・ライトノベル

何か異常なスピードでライトノベルを読み漁っています。
一年前の僕では考えられない事態です。ほんの少し前までは「ラノベなんて糞だぜ!」
とか思っていました、何の根拠も無しに。心から謝罪の言葉を述べたい気分です。
でも、一皮向けてドが付くほどの変態もとい、オタクとなった僕にとってはラノベの
なんと面白い事かーーッ!
ここ一ヶ月で購入したライトノベルの数は20を超え、ただでさえ過密住宅状態の我が本棚
をより一層、深刻な状況にする一方です。
まぁ、そんなラノベ初心者の僕がオススメする作品をいくつかピックUP。

……最近、こんな事ばっかりやってねーか?まぁ、良いか。


・初恋マジカルブリッツ
話は至って普通の感じのライトノベルです。万人受けするタイプ。
バトル+恋愛要素みたいな。ただ、若干普通のライトノベルと異なるのは
「チュウとオッパイだけに留まらずに、パヤパヤしちゃう」と言う点でしょうか。
と言っても、フランス書院みたいな物ではなくて、少女漫画風のアッサリした感じですけど。
総合エンターテイメントっぽい作品で、一度に色々楽しみたい人にはオススメです。
ただ、タイトルが恥ずかしい。サブタイトルはもっと恥ずかしいと言う点で、購入には
大きな勇気と、プライドを捨てる覚悟が必要です。


・わたしたちの田村くん
派手さ皆無、地味さ100%。ですが、とっても面白い。
「やっぱりライトノベルも‘小説’と言う形式と取っている以上、文章力が物を言う」
と言う事を改めて知らしめてくれた、と言える作品です。
とにかく描写が綺麗、読みやすい、面白い。
内容は普通の学園恋愛物ですが、これだけ面白いと思えるのは、作者さんの腕による部分
が非常に大きいと言えるでしょう。特に1巻のラストは神の技。
実にすばらしい作品なんですが、ただ難を上げれば「小説だから素晴らしい」と言う点です。
アニメ化、マンガ化に合わないかもしれない位に、「小説」と言う形態にマッチし過ぎています。


とりあえず、オススメ出来る作品はこの二つ。
特に「わたしたちの田村くん」を書いている竹宮ゆゆこ先生の新作「トラドラ」も面白いです。
人気もあるようなので、近々アニメ化とかマンガ化とかされるかもしれませんな。
初恋の方は、何も捨てる物が無い人は是非。特に1巻は短いので1時間あれば読めると思いますし。


後、何らかのオススメラノベがありましたらコメントでお願いします。
やっぱり読み始めてまだ2~3ヶ月程度の初心者ペーペーですので、良作と言う物が
どれだか分からないと言うのもあります。
実際、アニメ化!とか125万部突破!と言う言葉に騙された事も何度かあります。
べ、別にモニョモニョの使い魔とは一言も言ってないよ!
まぁ、某使い魔小説は、作者の性癖と「幼女に金的を蹴り上げられながら、お世話したい!」
と言う心の声が聞こえるような作品だったので、その点では好感が持てました。
誰に言い訳してるんだ、俺は。とにかく!
ラノベライクな方、「あまり有名ではないけど、これは良いよ」と言う作品をご存知でしたら
是非コメントおくんなまし。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/23(火) 15:56:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
<<ふ、ふるきを・・・あたたね? | ホーム | 手に汗握りようもねー>>

コメント

マイナーないわゆる「ラノベ」でオススメできるものを知らないッ
という訳でマイナーということを無視してススメル。
萌え要素はアナタが見つけるのよっ


・「死神のバラッド」
ララDXで漫画も連載してる上、ドラマ化もするそうな。

普通に泣けます、コレ。




・乙一の作品
どれもオススメすること風の如し。
特に短編集の「Zoo」の良さは林の如し。
中でも「SEVEN ROOMS」の内容の凄さは火の如し。

問題なのは、彼の作品は山ほどあるので
どれから読めば良いのか迷ってしまうところでしょうか。

とりあえず萌えるのは「GOTH~リストカット事件~」。
コレも確か漫画化してたとオモ。


一番のオススメは各作品のあとがき。
テラワロッシングですヨ。


・キノの旅
電車男のエルメスよりこっちのエルメスの方が萌える。
ええ、機械萌えですとも。タチコマみたいなモンだ。




わー、全部誰でも知ってる作品だ。
うぇうぇ。
  1. 2007/01/24(水) 01:44:36 |
  2. URL |
  3. シフ #Scvb2jZI
  4. [ 編集]

文庫なら400冊は読んだGの人が居るスレはここですか?そうですか。
ちゃ、ちゃんと普通の小説も読んでるんだからね!200冊くらい。・・・ホントジャヨ?

そもそもグインサーガだけで130冊超えるのはさすがにどうかと思うんだ。おかしいですよカテジナさん!

で、オヌヌメなマイナー作品ですね。マイナー最高!・・・さすがにマイナーすぎるのはアレなのでマイジャーくらいにしておきます。嬰ト長調?

・砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
 (桜庭一樹:富士見ミステリー文庫)
 黒。あるいは絶望。もしくは青春小説?
 かといってよくある悲劇モノでもシニカルな話でもない。そして奇跡も無い。冒頭に描かれた結末からキミはこの世界の住人。ようこそ、そしてさよならだ。

・明日の夜明け
 (時無ゆたか:角川スニーカー文庫)
 学園ホラー+ミステリー? 読者に対する仕掛けも凝ってるし話も面白いのでラノベじゃないですか?そうですか。ラノベのくせに結末まで面白いなんて!

・銃と魔法
 (川崎康宏:富士見ファンタジア文庫)
 ハードボイルド+ファンタジーな作品。コメリカの刑事モノを想像していただけると助かります。ユーモア刑事モノのほうを。ってそれのどこがHB? 

・食卓にビールを
 (小林 めぐみ:富士見ミステリー文庫)
 変。以上、説明終わり。
 女子高生主婦の日常+SFを、古典物理学とナンチャッテSF物理学と主婦学で描いてます。って意味分からんて!? ゆるゆる~と読みつつ分かる人はニヤリ。理系な貴方にも文系な貴方にもオヌヌメ。

・・・ってスペース足りNEEE。
まぁいいや。あとはブログで書こう。そうしよう。
  1. 2007/01/24(水) 22:16:52 |
  2. URL |
  3. Gっぽい人 #aIcUnOeo
  4. [ 編集]

モニョモニョの使い魔は私も騙されましたが同時に9冊購入とかしちゃった後なのでもうなんともできませんね。
ハハハ


・「灼眼のシャナ」
有名どころですが普通に面白いですわよ。
シャナがカッコよくてそして可愛らしい。
初々しくてなんとも・・・

トラドラは私も気になってはいたけど買ってないので買ってみようかしら。
  1. 2007/01/25(木) 17:14:30 |
  2. URL |
  3. Nの人 #yXgQhrE6
  4. [ 編集]

シフさん>
死神のバラッドですか。ふむ。買ってみよう!
乙一氏の作品はどれも素晴らしいですね。
彼の作品を読んで初めて「色々なラノベってあるのね」
と感じましたよ。
スレイヤーズとか、あかほり氏の作品絶世の時代に
あれは一線を画してました。

Gの人>
君の予想を裏切って三十三間堂を買う事にするよ。
だって俺……エロゲーが好きだからッ!
まぁ、カッコいい理由を言いますと、
「小説と言う媒体の限界速度は、バトルと言う表現に
向いていない」と言うのが持論でして。
どうしても読むのに時間がかかってしまう小説は、漫画
やアニメに比べて、素早い描写に向いていないと僕は
思うワケですよ。
だから、青春群像やラブでコメとかをこよなく愛しております。

Nのフィールド>
そうだ、シャナ忘れてました。シャナ。
ハルヒを読了したが為、てっきり読了した気分になって
おりました事よ?作者違うのにな。
流石、Nのフィールドさんはロリっ子に目がないですね。
抜け目無いッ!僕も見習わなくっちゃ!

とりあえず、某使い魔小説、頑張って読了して下さい。
  1. 2007/01/26(金) 00:52:22 |
  2. URL |
  3. らて #-
  4. [ 編集]

今さらだけど戯言シリーズを勧めてみよう
とりあえず1巻読んでラストが気にいれば最後まで突っ走れる、ハズ
  1. 2007/02/03(土) 23:18:11 |
  2. URL |
  3. 素ー水 #iydQorAY
  4. [ 編集]

戯言シリーズって、萌えてる途中でキャラが死んだりする
から僕は苦手なのである。
デスペラードかと思う位に、人が死ぬようひゃあ!

後、西尾の方の文章が苦手と言うのもあるケド。
これはまぁ……生理的な問題なので、どうしようもないです。
  1. 2007/02/12(月) 02:11:13 |
  2. URL |
  3. らて #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zannen.blog14.fc2.com/tb.php/161-de926bb7

この儲け話も たぶん2007年で終わる

ネットビジネス初心者の為に分かりやすいツールを厳選して紹介します。
  1. 2007/01/31(水) 22:42:59 |
  2. 時間切れ

(ジョン万次郎改め)ラティヴ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。